宇宙工学国際コース

九州工業大学大学院工学府 宇宙工学国際コースの紹介

世界に通用するタフな高度技術者の育成

九州工業大学大学院工学府では、2013年4月から宇宙工学国際コース(Space Engineering International Course, SEIC)を開講します。

SEICは、以下の4項目からなります。


・各専攻の指導教員の元での修士論文または博士論文に関する研究

・宇宙環境試験等の実践を通じたOn-the-Job Training

・留学生・日本人の共同作業で宇宙プロジェクトを行なうProject Based Learning

・英語による体系だった宇宙工学関連の講義


 SEICは専攻横断型で運営され、SEICに履修登録した学生は、「宇宙工学国際科目」として指定された科目のみで修了要件(博士前期課程は30単位以上、博士後期課程は7単位以上)を満たすことになります。他専攻で開講される科目であっても、SEIC登録学生には、主専攻の科目として認定されます。


SEICの目的は、九州工業大学の世界的にもユニークな宇宙工学関連教育・研究資源を活用し、日本人学生のみならず世界中から優秀な人材を獲得して、豊かな異文化コミュニケーション能力と幅広いシステム工学的思考力をもったグローバル技術者を世界に輩出することにあります。


尚、SEIC登録学生には、国際宇宙大学(仏)、サリー大学(英)、南カリフォルニア大学(米)等々の海外提携機関にインターンとして派遣されるチャンスがあります。


よくある質問


SEICに関する問合せ

宇宙環境技術ラボラトリー

kawano@ise.kyutech.ac.jp

http://cent.ele.kyutech.ac.jp/seic/seic_web.html


宇宙工学国際科目一覧 (2015年3月6日時点)

科 目 名教育職員単位備 考
衛星工学入門趙 孟佑2工学英語科目
衛星電力システム特論Ⅰ趙 孟佑・今泉充・川北史朗・内藤均・艸分宏昌・野崎幸重1
衛星電力システム特論Ⅱ 趙 孟佑・今泉充・川北史朗・内藤均・艸分宏昌・野崎幸重 1
宇宙環境試験趙 孟佑2
宇宙環境技術特論趙 孟佑・赤星保浩・豊田和弘・木本雄吾・越石英樹2
航空宇宙の誘導制御学特論米本浩一2
半導体デバイス工学特論大村一郎2
宇宙構造材料特論Ⅰ奥山圭一1
宇宙構造材料特論Ⅱ奥山圭一1
宇宙システム工学Ⅰ白木邦明1
宇宙システム工学Ⅱ白木邦明1
エネルギー工学特論豊田和弘2
スペースダイナミクス特論平木講儒2
高速気体力学特論坪井伸幸2
高速衝突工学特論赤星保浩2工学英語科目
推進学橘 武史 2工学英語科目
材料力学特論Ⅰ山口栄輝1
材料力学特論Ⅱ山口栄輝1
熱輸送特論宮崎康次2
実践的システム工学(設計)Ⅰ開発プロジェクト担当教員2PBL科目 博士前期課程必修
実践的システム工学(設計)Ⅱ開発プロジェクト担当教員2PBL科目 博士前期課程必修
宇宙環境試験ワークショップ趙 孟佑1博士前期課程必修
英語Ⅲ ラックストン イアン1注1,3
日本語入門Ⅰ石川朋子0.5注2,3
日本語入門Ⅱ石川朋子0.5注2,3
機械知能工学講究指導教員2主専攻科目を履修すること
建設社会工学講究指導教員2
電気電子工学講究指導教員2
物質工学講究指導教員2
先端機能システム工学講究指導教員2
機械知能工学特別実験指導教員2主専攻科目を履修すること
建設社会工学特別実験指導教員2
電気電子工学特別実験指導教員2
物質工学特別実験指導教員2
先端機能システム工学特別実験指導教員2
機械工学学外実習指導教員最大2機械知能工学専攻のみ
機械工学学外演習指導教員最大2
学外実習指導教員最大2機械知能工学専攻以外
学外演習指導教員最大2
工学融合科目Ⅰ指導教員1
工学融合科目Ⅱ指導教員1
工学融合科目Ⅲ指導教員1
工学融合科目Ⅳ指導教員1
工学融合科目Ⅴ指導教員1
工学融合科目Ⅵ指導教員1社会人学生のみ
工学融合科目Ⅶ指導教員1社会人学生のみ
プロジェクト研究Ⅰ(専門深化型)指導教員1
プロジェクト研究Ⅱ(専門拡張型)指導教員1
プロジェクト研究Ⅲ(専門拡張型)指導教員1
プロジェクト研究Ⅳ(専門拡張型)指導教員1
インターンシップ(国際派遣型)指導教員2
インターンシップ(企業派遣型)指導教員2
学外研修指導教員2
特別演習指導教員2

1.「英語Ⅲ」は留学生以外のコース学生を対象とする。

2.「日本語入門Ⅰ,Ⅱ」はコースの留学生を対象とする。ただし,入学当初の日本語レベルに応じて,「日本語Ⅰ」から「日本語Ⅳ」のうち2科目の履修をもって「日本語入門Ⅰ,Ⅱ」の履修に替えることができる。

3. 宇宙工学国際コースに博士前期課程で登録した学生は博士前期課程で,博士後期課程から登録した学生は博士後期課程で,「英語Ⅲ」または「日本語入門Ⅰ,Ⅱ」のいずれかを必ず履修すること。

SubjectsCreditNote
1Introduction to Satellite Engineering2
2Satellite Power Systems Ⅰ, Ⅱ1 each
3Space Environment Testing2
4Spacecraft Environment Interaction Engineering2
5Advanced Course of Aerospace Guidance and Control2
6Semiconductor Power Devices2
7Spacecraft Structure and Material Ⅰ, Ⅱ1 each
8Space Systems Engineering Ⅰ, Ⅱ1 each
9Energy Conversion and Plasma Physics2
10Advanced Space Dynamics2
11High-speed Gas Dynamics2
12Advanced High Velocity Impact Engineering2
13Space Propulsion2
14Advanced Mechanics of Materials Ⅰ, Ⅱ1 each
15Heat Transfer2
16Practical System Engineering-Design Ⅰ, Ⅱ2 eachPBL subject/Mandatory for Master course
17Space Environment Testing Workshop1Mandatory for Master course
18English Ⅲ1Japanese students only (Mandatory)
19Japanese for Beginners Ⅰ, Ⅱ0.5 eachForeign students only (Mandatory)
20Thesis Research for Degree2Register in own department
21Engineering Special Experiment2Register in own department
22Practical experience in companies or organizationsMax 2Register in own department
23Lectures arranged by external organizationsMax 2
24Interdisciplinary Seminar of Engineering Ⅰ~Ⅴ1 each
25Interdisciplinary Seminar of Engineering Ⅵ~Ⅶ1 eachWorking-students only
26Project Research Ⅰ(Specialty-deepening type)1
27Project Research Ⅱ~Ⅳ(Specialty-broadening type)1
28Internship (Overseas type)2
29Internship (Company type)2
30Field Research Project2
31Special Studies2