九州工業大学工学研究院 教員公募

九州工業大学工学研究院 教員公募

(宇宙システム工学科)

1. 公募する職名・人数: 助教・2名

2. 所属部門: 宇宙システム工学科

3. 部署URL: http://space-academy.ele.kyutech.ac.jp/education.html

4. 募集の背景と専門分野:

九州工業大学は宇宙工学の教育と研究を重点分野の一つとして推進しています。大学院工学府の宇宙工学国際コースは2013年の開講以来、20ヶ国以上から62名の留学生が入学しています。宇宙環境技術ラボラトリーは宇宙システムと宇宙環境の相互作用に関する研究で世界をリードしています。これまでの宇宙工学教育と研究の実績に基づき、九州工業大学では2018年4月に宇宙システム工学科を開講することになりました。宇宙システム工学科は宇宙工学に特化した大学カリキュラムとしては、日本初のものとなります。新たに発足する宇宙システム工学科の教育と研究を支えるために、宇宙工学に関する知識を備えた人材2名を募集いたします。

5. 主たる業務:

(ア)ポジション A: 国際共同研究

① 組織的研究力強化を図るため,国際共同研究を推進し,研究の質の向上に貢献すること

② 学部・大学院のグローバル教育に貢献し,平均的に1週間に6時間を教育活動に用いること

※その内容については,英文校閲,プレゼン指導,英語による議論,学生の海外派遣の事前教育等とし,学習教育センター等が実施するグローバル人材育成活動にも協力すること

(イ)ポジション B: 戦略的分野横断研究

① 組織的研究力強化を図るため,分野横断型研究を推進し,研究の質の向上に貢献すること

② 分野横断・先端的な大学院教育の補助を行うこと

いずれのポジションにおいても、以下の二つを満たすことが望ましい

● ロケット推進、制御、通信のいずれかの分野で教育・研究を行えること

● ロケット、衛星、ローバー等の宇宙機開発プロジェクトの実践を通じた宇宙工学教育と研究に興味のあること

6. 着任時期: 2017年10月1日迄のできるだけ早い時期から2017年12月31日まで

7. 任期:有り(平成32年3月31日迄)

8. 応募資格:

1) 博士の学位を取得した者又は博士の学位取得が確実な者

2) 英語(Speaking, Listening, Writing)に堪能であること (Position A)

9. 待遇: 年俸額 4,800,000円(月額400,000円)

10. 提出書類:

(1) 履歴書:写真貼付、生年月日、現住所、連絡先と電話番号、電子メールアドレス、学歴(高校卒業以降)、学位、資格、職歴を記入

(2) 研究業績:

A 論文等に係る業績:学術論文(査読付)、国際会議プロシーディング、著書、解説・総説、作品、学会等講演、その他に分類

B 競争的外部資金獲得状況:科学研究費補助金、共同研究・受託研究、公募研究資金に分類して記載

C その他:所属学協会及びその活動、社会貢献、受賞等

(3) 教育実績:教育指導に係る実績、教育改善に係る実績、その他の教育実績

(4) 志望動機・着任後の抱負(英語にて800Word以内)

(5)本人について参考意見を伺える方2 名の所属・氏名・連絡先(電話番号と電子メイルアドレス)

以下は必須ではありませんが、もしあれば添付してください。Native English Speakerの場合は不要です。

(6)英語能力を証明するもの(TOEIC、TOEFL等の成績)

11. 応募締切: 2017 年 8月 20日(日)24:00(日本時間)必着

12. ①書類送付先:下記まで電子メイルにて送付してください。

九州工業大学大学院工学研究院 教授 趙孟佑

cho@ele.kyutech.ac.jp

電子メイルの件名を [Kyutech Assistant Professor Application]とした上で、Position A またはPosition Bのどちらへの応募かを明記してください。

②問い合わせ先:九州工業大学宇宙環境技術ラボラトリー 施設長 趙孟佑

趙孟佑 cho@ele.kyutech.ac.jp 電話:093-884-3228

※問合せは電子メイルにてお願いします。

13. 選考方法:書類選考に加え、必要に応じて面接を行います

14. その他:宇宙工学国際コース等については以下を参照してください。

http://space-academy.ele.kyutech.ac.jp/space.html

http://cent.ele.kyutech.ac.jp/seic/seic_web.html