宇宙システム工学科の紹介

「いざ、大いなる宇宙のフロンティアへ」

平成30年4月、九州工業大学に日本で初の宇宙システム工学科が誕生します。

宇宙システム工学科では、宇宙システムに限らず、様々な分野における複雑な工学システムの創生、研究開発、製造、運用を 担える高度技術者・研究者の養成を目指しています。

学生は、2年次から「機械宇宙システム工学コース」と「電気宇宙システム 工学コース」に分かれて機械または電気の専門科目を学びます。 更に、宇宙工学に関する専門科目を学ぶと同時に、システムエンジニアリングやプロジェクトネジメントを講義やPBL(Project Based Learning, 課題解決型のグループ作業)を通じて学びます。

学生は、宇宙システムを題材として、複雑なシステムをどのように作りプロジェクトをどのように実施するかを学びつつ、システム及びプロジェクト全体を俯瞰できる資質を身につけます。

宇宙システム工学科は、次世代の宇宙開発や宇宙利用を担いたいと思うキミたちに、ホンモノの宇宙を学ぶ場を提供します。

宇宙システム工学科には、1年次の工学2類、3類、5類から進学できます。

主な研究テーマ

再使用型宇宙輸送システム、宇宙でのごみ問題、再突入体などの空力設計、潮流発電、材料劣化、超小型衛星、宇宙環境試験、宇宙構造、衛星帯電と放電、組み込みシステム、等々

機械宇宙システム工学コースでの教育内容

宇宙システムに代表される複雑な工学システムを、機械分野を基礎にして取り組む素養を身につけるために材料力学・熱力学・ 流体力学・機械力学・機械材料といった機械工学に関する基礎を学んだ上で、PBLを通じたシステム工学・プロジェクトマネジメント並びに、宇宙利用・宇宙材料・宇宙環境・軌道力学・推進・通信・流体・熱構造・誘導制御といった各種要 素技術に関する科目を学びます。詳しくはこちら 機械宇宙システム工学コースでの教育内容(仮)

電気宇宙システム工学コースでの教育内容

宇宙システムに代表される複雑な工学システムを、電気分野を基礎にして取り組む素養を身につけるために電気回路・電磁気学・電子回路・半導体・電気電子材料といったといった電気工学に関する基礎を学んだ上で、PBLを通じたシステム工学・プロジェクトマネジメント並びに、宇宙利用・宇宙材料・宇宙環境・軌道力学・推進・通信・流体・熱構造・誘導制御といった各種要 素技術に関する科目を学びます。詳しくはこちら 電気宇宙システム工学コースでの教育内容(仮)

就職先

宇宙システム工学科では学部卒業後に大多数の学生が大学院へ進学することを想定しています。宇宙システム工学科に参加予定の研究室の卒業生達の主な就職先は以下の通りです。宇宙関係企業だけでなく、システム工学的素養を必要とする様々な企業(航空機、自動車、電機、航空機、鉄道、プラント、等々)への就職も想定しており、カリキュラムもそのような進路に対応できるように設計されています。

[宇宙関係*]IHI、NTN、川崎重工業、GSユアサ、住友精密工業、中菱エンジニアリング、ニコン、日立製作所、富士重工業、富士通、三菱重工業、三菱電機、九電工、神戸製 鋼所、日本電気東芝スペースシステム、日立製作所、スカパーJSAT、日本電気、日本電気航空宇宙システム、【その他】Hitz日立造船、JFEスチール、JX日鉱日石エネルギー、 MHIプラントエンジニアリング、旭化成、いすゞ自動車、宇部興産、クボタ、クラレ、コニカ ミノルタ、住友電気工業、セイコーエプソン、大日本印刷、東レ、トヨタ自動車、日本化薬、 日本精工、パナソニック、富士電機、三菱化学、三菱樹脂、ヤマザキマザック、日本トラ ンスオーシャン航空、本田技研工業、TOTO、東芝、中国電力、新日本製鐵、新日鉄住 金エンジニアリング、九州電力、ヤマハ発動機、三井造船

*日本航空宇宙工業会「宇宙機器産業実態調査 協力企業一覧表」を参考にしています

参加予定研究室(50音順)